999

映像
07 /30 2017
ぐれん関係のブログ絡みでもう一つ。

一夢庵さんが劇場版 銀河鉄道999の主題歌というドストライクな選曲をしてくださいます。

これは主人公が永遠の命を得るため、機械の体をもらうために謎の美女と共に銀河鉄道に乗って旅をしていく話です。
ちなみに主人公がメーテルからもらったベラボーに高いパスには
経由(オリオン、プレアデス)
とあります。なんか意味ありげな表現。

同じように宇宙、大帝国ときて思い出すのは☆うおーずです。ほぼ同じころ上映されました(1977)
全作品を見たわけでないんで大きなことは言えませんが父子の確執がテーマの一つだと読んだことがあります。
ルーカス氏のインタビューで

愛する人を救いたいという極めて純粋な望みだった。自分の周りの状況をコントロールしたいというごくささやかなことだったのだ。母を、妻を失いたくない。本当に大切に思う人を失う苦しみを味わいたくない。そのために悪魔と契約を結ぶ、ファウスト的な物語である。


機械となって生きる道を得ようとする999の主人公ですが父と子ではなく、出てくるのは母子。
最後のシーンも機械帝国の女王プロメシュームとその娘メーテルの確執となって出てきます。
女性性がテーマに絡まっている。

ここで思うのはハリウッドはやはりサヌキで日本はアワの世界なのではないかという事。

同時期に宇宙を舞台にした作品が正反対のタチで描かれているのも興味深い。

銀河鉄道で思い出すのは宮沢賢治ですが彼の作品を読むと(きっとアワ男だろうな)と思います。
久しぶりに読んでみましょうか。

劇場版のゴダイゴから。今もドライブしながら聞きます。

聞きたい曲、見たい映像がすぐに見れる今は便利になったなぁ。
ようつべは勝手にエンドレスでおススメを再生してくれるのである意味要注意だわ。
スポンサーサイト

でりあ777

この絵はPANDORAで描いて頂いた「私の本質」
魂の故郷シリウスだそうです。