今朝見た夢、2題

夢判断
04 /30 2016
今朝見た夢、2題。

①友人でもあるアニマルコミュニケーターさんと待ち合わせている。
この人から「着物」について教えてもらう予定で賑やかな街にいる。
大きな交差点で会い、私が彼女を抱っこして街を歩く。(誰も不思議に思っていない感じ)
実際の彼女は私よりずっと大きいので絶対無理w
なのになぜか片手で抱えたり、お姫様抱っこをしてずっと歩く。たまに向きは変えているのが面白い。

抱っこされたままあの店、この店と指をさして教えてくれた。
賑やかだった街から外れ自然が多い道になる。公園?の中を通っている。

左前方に緑の多い城壁のような場所が見える。そこに向かっているようだ。
時間は夕方から夜になって明かりがともり始めた。

そこに入るには歩道橋のようなところを進んで行く。ここも緑が多く公園の様。
入ったところでまた大きな交差点に居る。そこで彼女を下してお別れ。
ちっとも疲れていない。


そこから続きかもしれない
②明け方見た夢。

私の実家のようだが微妙に違う。
前の道はそんなに大きくないし畑だが夢ではバス通りになっている。が基本家を出て右下がりの緩やかな坂に面している。
坂の下はスーパーみたいな商業施設になっていた。
家の中も実際とは違う。

母と一緒に葬式に行くことになり二人で喪服を用意している。
同じ部屋でそれぞれのタンスで探している。タンスの中を探しながら母は私の服のことで意見してくる。

私は思い切ってそんなことを言わないでと母に言い返した。
今まで思っていたこと、こんなことが嫌だった、こうされたのが嫌だったと延々と訴えた。
母はそれに対して反論して話は平行線をたどる。
夢で(いくら言っても無駄だ)と言うことが身に染みた。

式は10時からだが気付くと9時半。今出れば間に合うと下のスーパーのバス停に行く。
そこは私は知らないので母に教えてもらっていく。
母はバスがもう行ったのではないかと何度も私に確認させるが私は来ていないことを知っている。
バス停はスーパーの中にあり売り場を通っている。
着いたところに丁度来たので乗り込んだ・・・


①と②は厳密には続きではないが同じ日に見た夢で2つともここまで覚えているのは少ない。
特に夢でも現実でも母にここまで自分の思いをぶつけたのは初めてだ。
前の夕食時、母から電話があったのがきっかけかもしれない。
そこまで気に障るような電話ではなかったが。

夢でこれだけ動きがあったので現実でも動くかもしれない。

という訳で書きとめておく。


スポンサーサイト

でりあ777

この絵はPANDORAで描いて頂いた「私の本質」
魂の故郷シリウスだそうです。