復権

着物
10 /30 2015
マサトさんのCDで2014,15年は復縁、復権の年といわれていた。

自分の周りであまりそれを感じることはなかった。20年ぶりくらいの友人に何人か会ったくらいだ。

しかし人だけではなくモノもその対象ではないのか。

タンスに眠っていた着物がやたら気になり久しぶりに手を通して出かけたのもそのうちだと。

また実家の片づけで母のスカートなど持ち帰りリメイクもしてみた。
洋服は着物と違いサイズが合わないので着ることはできない。
刺繍がかわいいのでカバンにしてみた。

リメイク鞄普段持ちのが痛んできたのと着物にも合わせられるかと思って木の持ち手にした。

針仕事は苦手である。学校の家庭科の成績は輝かしいD。それでもやろうと思えばできるものだなぁ。

しかし丈夫が取り柄にしたのでハンドルをつけるとき難儀した・・・
接着芯が思ったより厚かった(店の説明ではこれがおすすめだったから買ったが知識がないとこうなる見本)
やってみて初めてわかるより、計画の段階で分かるようになりたいと切に思う。

今若い人たちも着物を着る人が増えたと聞く。
古い着物たちが日の目を見るのも復権かもしれない。

仕方ないよね~流れだもん!と言いつつオークションを見張るこの頃。
スポンサーサイト

でりあ777

この絵はPANDORAで描いて頂いた「私の本質」
魂の故郷シリウスだそうです。