年の瀬 吐き出し

気付いた事
12 /31 2014
年末掃除をいつもより早くから始めた。旦那が年末はゆっくりしたいと言っていたので。

しかし・・・

私がやったところも「気になる、汚れてる」
とやり直していたため、結局バタバタしていた。
基本旦那は外回り担当。
やってもらうのはありがたいのだが、自分のペースで進めるためこちらの都合はお構いなしである。

旦那の掃除は大名仕事。準備はこちらがして、足りないものは靴を脱がずに私を呼んで手に入れる。
私が忙しくても。
気が付くが手は出さない。
あれこれ私に言ってやっていないと言葉のトーンが変わる。

私も掃除のほかに簡単おせちを作る準備や正月飾りで忙しかった。

そこに 「〆飾りするからだして」
探すが置いたはずのところにない。ないないない!!!!

どこを探してもない・・・
焦るやら情けないやらで涙があふれ、泣き出してしまった。

そこへ別の仕事をしていた娘が心配そうに見に来た。

どうしたの?大丈夫?

その声でようやく息が付けるようになり、初めて自分がいっぱいいっぱいだったことに気が付いた。

忙しすぎて自分がいっぱいだということにさえ気づかなかった…

結局初めに置いたところにあったと娘が出してくれたけど、最低三回はみたはず。

人の機嫌をうかがい過ぎてた。

泣いたことで鬱積が吐き出されたようですっきり。

感情も掃除できたようで結果オーライ。
スポンサーサイト

でりあ777

この絵はPANDORAで描いて頂いた「私の本質」
魂の故郷シリウスだそうです。