問題集5、追記  

問題集、悪抱く
11 /18 2014
特にQ7ですが・・・
前提と条件を混同していました。

優先順位は一定の前提の中でも場合によって常に解が一つではないということを言いたかった。
しかしそれは求められる条件では全くなかった、ということに気づいていなかった。

必 要ではないところで、場合分けをしようと思ったから。イラナイ思い込みだった。

激しく好みの別れるタイトルで考えようとしたのがまず初めの間違いでした。もっと普遍的な事象に設定すればよかったと反省。

問題集5全体としてはifさんが言われた通り頓珍漢なことをしていた。

>全体的に
 何か勘違いをしているのでは?

 説明する際には
 必要なことを
 最小限の言葉で
 書くのがよいのですが

 必要のない言葉、つまり思考が多い
 
 これは自覚して意識して削ぎ落してください。


 素直に思考して素直に語りましょう

●勘違いというより場合分けを思いつく限りしなくては!!

と、要らないことまで書いてしまったのが原因だと思う。

解いているときは分からなかったが、数学の証明問題と同じように解けば(書けば)よかったんだと今更気が付いた。

皆さんの解答を見て

「頭いいなぁ」と思うものや「こうすればいいのに」と思うものがあり解答集を読む事でも考えることがたくさんあった。

しかし、今まで問題集を解いても(M氏に測ってもらった)意識レベルがさほど上がらないのは解くだけ、解答を見てすごいなと思うだけで終わったからではないかと思う。そこそこ解いて満足していた、そんな感じ。

今の時期に取り組んで提出できるありがたさ(まさに有ることが難い)をわかってなかったのではと思う。
口ではありがたいと言ってても、というパターン。言っておけば、なんかいい人っぽいというやつだ。

今回は正直体調が悪く見送ろうと思っていた。PCに向かうのができなかったから。

それを押して参加したのは小康状態になったことと、いつもある程度考えたらそこまででやめたのを、しつこく考えてみようと思ったから。

しかしこれでしつこく考えることと、更に深く思考することとは違うということが分かった。

くどいことと論理的なことの違い、言葉の定義があいまいだったこと、言葉のイメージにに固執する傾向があることも分かった。
いつもに増して回らない頭で解答したら自分の思い込み、癖が分かりやすいように浮かび上がってきた。これは意外なメリットだった。

素直、単純が私の中では=よく考えていない、になっていた。そこからもう素直ではない。
一度浮かんだアイディアにこだわってしまい、ちょっとずらして見る、心がけているのにできない。
頭が固いというのはこのことだと痛感する。

今回も的確なアドバイスをありがとうございました。
スポンサーサイト

でりあ777

この絵はPANDORAで描いて頂いた「私の本質」
魂の故郷シリウスだそうです。