インコカフェ

人間
08 /25 2014
友人のインコが手乗りになったそうな。
自分ちのリビングをカフェのように改造して本をメインにしたらしい。

遊びにおいでとお招きがあった。名づけて「インコブックカフェ」

友人の斬新な発想は昔からすごい。インコを放して遊んでもらえるなんて!

行ってきました、遠いけど。
うちの近所の素朴なサンドウィッチ買って行ったけど、友人ち近くのおしゃれでおいしいケーキ屋さん併設のカフェでまずお茶を。友人が頼み杉っていうほどオーダー通したら(私が言っても聞かなかった)
 「それは多すぎるかと…」
お店の人に忠告されてようやく普通量に。
おもてなしの気持ちはわかるんだけどね~

この7月から新しいところで働き始めたという話を聞いたり、娘ちゃんの態度に関する悩みを聞いたり…
娘ちゃん、この日から始業式で夕方帰るはずが、私たちより先に帰ってたのでなぜか友人の機嫌が悪くなった。

ちゃんとあいさつもしてくれたし、(浴衣に着替えたので)写真も撮ってくれたし、文句なしいい子なんだが。
娘ちゃんへの愚痴は私に似てるので代わって弁解してると
 「私らの時は親に文句言わなかった」
 「プライドばっかりで実行に移さない」
コツコツしてこそ身に付く、苦労してこそ・・・・

キーワードがどっさり。友人の性格上今言っても聞かないのでやんわりとだけ伝えたが。

分かりやすい宿曜二十八宿の本をブックカフェ用に持って行ったのでそれぞれ見てみた。
友人から娘ちゃんは一番嫌いな性格!らしい。で、すごく当たっていると。

ではその子の性格と認めてというと、それは無理だって。相性は業。深いらしい。

私も娘の性格が全く理解できなかった。
でも私の価値だけで育てたらちっさい盆栽みたいになりそうだったので認めようと意識した。

その時読んだ本に
 「柳は松にはならない」とかそんなことが書いてあったのが印象に残っている。

私の場合母が柳の私を松の盆栽にしようとした感じだったので、そのトラウマがあったからそれだけは避けようと思った。

友人には今は厨二病なので通り過ぎるまで温かく見守ってやってとお願いした。
なんか似てるんだもん、私と娘ちゃん。

改造したリビングは心地よい部屋でした。セキセイインコは私の頭に載って接客してくれ、大満足。
トリも可愛いわ。

自分ちも掃除して心地よくしよう!
スポンサーサイト

でりあ777

この絵はPANDORAで描いて頂いた「私の本質」
魂の故郷シリウスだそうです。