初依頼

犬絵
06 /30 2014
AC茶話会で知り合った方の犬の絵を描いた。
プードル8頭飼われてるうちの、亡くなった一頭。

描くまでがものすごく腰が重くて時間かかるんだけど、今回も約束通り
「とてもお待たせしました」

今までこうして絵を描くことを仕事にしてみようと思ったこともあるんだけど、時間がかかりすぎるのであきらめてたところがあった。

でも、今回この方から返信が来て別の意味で踏み切れなかったんだとわかった。

またもやなんやこれ、というような感じに仕上がったけど、色を付けるとき、その子のチョイスに泣けた…

クリスマスっぽい配色に仕上げ、服も今夏なのに毛糸仕様を感じた。

この子、クリスマスにおうちに来たんだって。覚えていてほしいからこの色選択。

そんなこと、他にも思いついたこと書いて渡したら、飼い主さん、他の3頭分も依頼してくれた。しかも料金発生してほしいと。

ここ、グッときた~

この方も友人に好きでハンドクラフトを分けていたんだそうですが、
>それをふっとした事で知り合った占いの先生に「ちゃんと材料費ぐらいは貰い好きで作ってても時間と材料はかかってるんやで」と言われました。

素晴らしい先生ですね!私のほうは逆でした…占いさんではないけれど。
友人に描いたところ、その友人の分もとお願いされ、2家族5頭描いたんですが 「感想だけで(良い)何もいらないって言っといたよ、貰ったらかえって(あなたが)気ぃ悪するやろ。」

確かに描いていて楽しく、勉強になったんですが自分の絵ってもらえるからラッキーくらいのものなんだなとちょこっと凹みました。

と言って描くのに手は抜いて無いし、自分がもらってうれしいように仕上げてはいる。

この時からやっぱり自分の絵はそんなにうれしくないんじゃないか、価値がないんじゃないかと思い込みが激しくなった。

自分から描きたいといった時は何も問題ないんだけどね・・・

自分の絵に価値がないから誰も要らないだろう、そう信じてた。
だから絵を描くときもこちらからお願いして「描かせて」と言ってたよ…

どんだけこじらせたんだろ、私。

ちょっとした絵でもすごくうれしいのに。

一歩前進。Wさん、ありがとう!!!

スポンサーサイト

でりあ777

この絵はPANDORAで描いて頂いた「私の本質」
魂の故郷シリウスだそうです。