かなり持ってます…

気付いた事
04 /17 2014
先週土曜日に母から電話があり旦那に代わってくれという。

その要件は…
 自分(母)が私に預けてあるお金で私の車を買ってくれ

ちゃんと点検して、まだまだ乗れるし!

実家に帰るたびに、古くなってるから変えろとしきりに言います。
でも乗りやすいし、シートアレンジが良いので他に見に行っても欲しいのがないんです。

それに、母が兄に車を買ってやったのに、ありがたみがないのですぐ売ってバイクに変えた!せっかく買ってやったのに!

と、よく聞かされてるので、関わりたくない気持ちが強いです。

それでいて、親だから子供にするのは当たり前といつも言うのです。
ありがとうと言ってほしい、おかげで助かったと思ってほしいのでは?
せっかくしてやったのにという言葉が出るのは当たり前ちゃうやん! と突っ込みを入れてしまいます。

買ってくれという人が多い中、ありがたい話ではあるのですが、
 「欲しかったら車くらい自分で買うよ!」
と言っても納得してもらえません。
旦那は
 「はいはい、そのお金で買いましたって言っといたらいいねん。お金は使わなくても」

と誠に大人な対応でした。ざわつかなかったらこんな感じでスルーできるんでしょうね。しかしいろんな観念を母に対して握ってる私にはスルーできません

わが子たちの家族に一つは心配を見つけたい母。

兄たちにはそれぞれ抱えてるものがあるのでそれを心配しますが、ありがたいことに我が家にはこれと言って(母の気になるような)心配はありません。
それで見つけたこの車の件。会うたび、電話かけるたびに言われ、自分の中ですごくザワザワします。

母への感情が噴出してくる、吹き出してくる。
だいぶ出たと思ったけど、まだまだ湧いてきますわ。

朝散歩で話してるうちに感情の本質がいくつか見えてきました。

 今はいい子いい子されたい
 (これは整体士さんの話から。厳しい整体師さんより寄り添ってくれ、治してくれるタイプの人を今は予約してるから)

ここから母の話になったんだっけ。

 母に放っておいてほしい=構わないでほしい=信頼してほしい

 母と違う価値観があることを認めてほしい

 私の人生は私が決める

 なにより、私の幸せを喜んでほしい

もうこんな観念は手放す!!と自分では真剣に取り組んでるのだけど、まだまだざわついて出てきます。

よく「味わい尽くす」とか「燃やす」とか言われますが、味わうのももうたくさんです。

しかしこのことに自分がこだわってるからこそ出てくる…手放すとはどういうことかわかってないんだと確認できました。

少しでも、少しずつでいいから前に進む事、これしかないよという結論でした。

今日も朝からありがとう!

 

 
スポンサーサイト

でりあ777

この絵はPANDORAで描いて頂いた「私の本質」
魂の故郷シリウスだそうです。