機械に頼る事への疑問

健康
09 /30 2010
人は己が弱点を克服しようとするとき,なんでも機械に頼ってしまうのは果たしていいことなのだろうか?

自分で,自分の肉体のみでまずその問題にあたり,解決する事こそが自己を成長へと導くのではなかろうか?

それを簡単に,短時間で,楽に,痛みを少なくしようと機械に安易に頼るのは人としてどうであろうか?

いや,そんな機械が在るなら頼ってまずは己が弱点を克服すべきなのか?

私の心は二つで揺れている・・・

ましてや他の人が使っていい結果が出ているのを聞いてしまっては,誘惑の力はいや増してくる。


その機械は,これこれだ。

せっかくヨガを始めて自分の力で何とかしようと思ってはいたのだが,先に購入した友人が褒めると,つい誘惑に乗ってしまいそうになる。

筋肉がない私は,下半身に筋肉をつけたい(断じて脂肪ではない!!)
冷え性の私は冬が来る前に何とか筋肉をつけて,この冬を暖かく過ごしたいのだ。


でも何かわからず,この記事の初めだけ読むと,現代社会への大きな問題点と取れますね。
やはり自力か?
スポンサーサイト

でりあ777

この絵はPANDORAで描いて頂いた「私の本質」
魂の故郷シリウスだそうです。