言い訳

アニマルコミュニケーション
08 /28 2010
頼まれて可愛い子の絵を描きました。
何かずいぶん前に頼まれたのに,「急がないよ~」
と言われたのを言い訳にして今まで引っ張ってました。

描き始めたら,なんと言うかわいさ!!
何か描いてる私まで幸せになるほど家族思いの子でした。胸がキューンってなります。
もうこの年でそんな気持ちになれる貴重な瞬間ですよ。

描くときはその子に頼んで会話します。(この辺りからトンデモになるので要注意!)

調子のいいときはいろんなイメージやら色が浮かんでくるので,そのイメージを描いていきます。
背景に彩色できるようになったのはパステルを始めたおかげです。

ナゼこんな気持ちになれるのにぐずぐずしてしまうのか?

今までは「時期じゃない」とか,「気持ちが乗らないと・・・」とかだと思っていたんですが,突き詰めたらそうではないことが判ってきました。
そんなのはいいわけでした。

描けなかったらどうしよう
飼い主さんが気に入らなかったらどうしよう

これが怖かったからだと判りました。

開き直りました。
たとえにてなくても,飼い主さんがえ””----と感じても良いではないか!(イヤ,あまりにもかけ離れるのはイカンと思いますよ)
この子の熱い思いを感じられただけでも良いではないか!

でも,飼い主さん,喜んでくれるとやはり私も嬉しいです。どうかな?
スポンサーサイト

でりあ777

この絵はPANDORAで描いて頂いた「私の本質」
魂の故郷シリウスだそうです。