徒然・・・

日常
03 /17 2010
たくさん歩きました~友人と喋りながら一時間半。犬無しで歩くと話しながらゆっくり歩けるもんですね。
でも帰って来てお迎えの挨拶や目線がないってこんなにさみしぃものだったとは。存在感,大きいです。子離れどころではなく犬離れができてないかも・・・

犬目線の訓練士さんが見つかったので何よりでした。普通は送迎は別料金なんですが,ここはお迎えはサービスでした。その理由がすんごくイイ!!

「つれて来てもらうと犬は飼い主に置いていかれたと思い,飼い主に対する信頼感に問題が出ることがあります。僕が連れて行けば,それはないので信頼感が損なわれにくいです。ですのでお迎えは来ていただきたいのです」
いわば訓練士さんが悪役となってくれるわけです。何かちょっとした事にこんな深いわけがあるとは。
そこに電話をかけたとき,娘さんまでが名乗ればうちの犬の名前を覚えてくれていた事が印象的でした。

友人との会話で(そこには高校受験生の男の子がいます。まだ発表待ち)今回の話をしていました。
そこで「イイ学校って偏差値と違うよなぁ。一番行きたいところやんなぁ」

そのこは賢いので俗に言う偏差値の高い私学を受けました。結果2勝3敗。あと公立待ち。一番行きたかった高校は残念な結果になりました。他の人にいくら「いい学校に受かってるんやから」と言われてもその偏差値だけで言われてるからなんか釈然としない,といいます。

本人も4月にその高校に行って結果を見せてもらうまで俺の受験は終わらないと言ってるそうです。
そこまで行きたい学校があるのは素晴らしいことだなぁと思います。
負け戦はしない子だったのが挑戦する(玉砕覚悟って親は言ってましたけど)選択ができるようになったのが成長したなと感心したと。

そしてとてもお世話になった学校の先生へ「ありがとうってものすごく感じるけど普通にありがとうとしか出てこない自分がもどかしい。ありがとうの最上級の言い方ができない」

そう思ったと聞いただけで点数なんて些細な事やなと思う。
受験をどう捕らえるか。
点数と偏差値だけでなくその子の内面が成長したかと捕らえるか。

昔と違い大人になるための通過儀礼かと思います。もちろん親にとってもね。

いやぁ,うちは去年そこまで大人に成長しただらうか・・・

真面目な子なんで昨日私と娘にも携帯デビューのメールが来ました。
娘が「こんばんみー」と打つと帰ってきたのが「こんばんみーって何?」

ノリやろうがーと,これまた律儀に返信してましたけど。
彼らに幸あれ。
スポンサーサイト

でりあ777

この絵はPANDORAで描いて頂いた「私の本質」
魂の故郷シリウスだそうです。