パステル3回目

工作、絵
11 /24 2009
今日からお手本ではなしに,感じて描くことを学びました。
持参したのは「香り」と「クリスタル」パステル3回目


はじめに持って行ったお香,ボードガヤインセンス「極~NIRVANA」を嗅いで感じて色を選びます。

浮かんだのは緑。深い落ち着いたイメージと共に「三位一体」という言葉が浮かんだので三角をモチーフに描き始めました。(左上)
描いてるうちに根源的なものを入れたくなりそこから放射されてるエネルギーを加えました。

静寂の中に在りながら,根源と一体化し,自分の存在を放つ。

今野さんも同じく緑が浮かんだそうです。そして静寂。感じたものは同じでも表現の仕方は本当に違い,またいいのです。

2枚目も香り。ワタクシの大好きな・・・カツオブシを持ってまいりました。
今まで食べ物はやったことがないそうで,今回お初となりました。

いろんな香りが混ざって一つのハーモニーになってる。海の匂い,山からの恵み,魚の命。いろんな色を混ぜる事で表現しようと努力しました。それが匂いとして認識されるとき鼻の中ではじける!!感じ。

今野さんも同じように茶色ベースでかかれてましたが,いろんな恵みを受け取ると言う形を人の手で囲む事で表されていました。んんん,これもすばらすぃ~です。

三枚目は音楽。今話題のマイケルージャクソンの「Heal the World」を聴いて浮かんだイメージを描いていきます。あまりなじみのない曲(でも聞いたことある~程度)だったのでサラの状態でイメージできたような気がします。90年代から地球を何とかしようと言うメッセージを送っていたと聞き,浮かんだのはラベンダー色。
はすの花の上に地球が包まれていて,その周りにはいろんな思い(色)が見守ってる・・・そんなイメージで描き始めましたが,地色選択を過ってしまい,思った効果が出ませんでした。

ここでも地球の浮かんだ感じ,それを守るイメージは今野さんと同じですが,彼女は人が本当に好きなようで今回も人の手で包まれていました。同じイメージでも表現が違うと受ける印象も全く変わります。面白いなぁ。

四枚目はクリスタルを描きます。私が持っていったのはモルダバイトと雷が通った水晶ですが,今回は水晶を使いました。
もってしばらくしていくつかのビジョンが出てきました。
  火と岩の相克
  境界を突き抜ける
  陰と陽の対立
どれをとるかで迷いましたが,火と岩をとりました。
色をつけていたら急に「龍」を咆哮させたくなり向き合う形で配置。龍の形がいまいち描ききれずチョコッとごまかしになってしまいました。消しゴムで消して・・・は難しいのです。
あと,仕上げが雑なのも修正しないと。色の交じりが気になります。そのとき気づかないのはナゼ??

今野さんのは地球の核みたいな深いところから吹き出ているエネルギーのイメージがベースになっていて,そこからしっかり繋がっている絵でした。グラウディングと言う言葉がぴったりです。

石からのメッセージは持っているだけより,こうして描いていく事によって「自分」と言うフィルターを通して受け取りやすく,明確になるといいます。そう言えば言葉よりはっきり感じられるかも。ま,私を通してるので私むけってことでより判りやすくなっているのでしょう。
次回はモルダバイトでやってみたいと思います。
今回も龍が出現したので雨かもねと冗談言ってたら・・・曇ってきました。家に変えるまで何とかもったのは今回は水龍だけでなく火龍も描いたのでおそかったのかも・・・いやいや。そんな力はありませんって。あるとしたら雨乞い屋をはじめましょうか。


今回は一枚に時間がかかってしまい4枚しか描けませんでした。
イメージできずに描けないのではなく,手首まで来てるイメージをどう出すかで試行錯誤してしまいました。描き終わって帰りはすごくすっきりです。いろんなもの出してます,きっと。
スポンサーサイト

でりあ777

この絵はPANDORAで描いて頂いた「私の本質」
魂の故郷シリウスだそうです。