腰痛

健康
03 /08 2017
ここのところどうも腰痛がひどい。
冷えが一度暖かさを知った体に堪える時期でもあるようです。

図書館の着物の本を読んでいたら「着物姿勢」という箇所がありました。

①胸を大きく開く
②肩の力を抜く
③お腹は体の中心に向けて引き締めながら内側にぐっと入れ込む
④体の重心は足の裏全体にかかるように体重を乗せる
⑤腰部分から上半身を10度程度前に傾ける

ようは大きく胸を開いてお腹を引き締め少しでっちり気味で重心を少し下ろす、これが着物で美しく見え、疲れない姿だそうです。
そして腰に良いと。

スポーツなどを本格的にしたことがないので「重心を下ろす」という箇所が分かりづらかったのですがいろいろやっているうちに
(これかな)という位置がありました。正確かどうかはちょっと疑問ですが・・・

これを意識して散歩で歩いていたら少しマシになった気がします(もちろん服w)

着物を着ることは体にも良いかもしれないなぁ。着たいっていうことが前提ですが。
スポンサーサイト

立ちくらみ

健康
02 /16 2017
昨日の夕方から首の後ろが重く鉄板の様になってしまいました。
そのせいか久しぶりに頭痛がし、夜犬をデッキから玄関に連れてくる際に立ちくらんで倒れて起き上がれなくなりました。

窓一枚向こうにDVDを見て満面の笑みの娘がいるのに…
マッチ売りの少女の気分。

立ち上がれそうになく寒空で凍死するかも・・・

手近のデッキ用のスリッパをつかんで窓にぶつけ救助してもらいました。

朝の散歩で「緩める」健康法の話をしていて
ストレッチ、要らない
揉まない押さない

肩こり酷い人(=夫)はどうすればと思っていたところでした。
まず自分だったという話。

即コタツで体を温め生還。

あ、犬は玄関で待ってました。ちょっとは心配して見に来てよ~

ストレッチ

健康
11 /29 2016
昨日以前から予約していた整体に行ってきた。
右側にねじれているのと肩が前に丸まっているのを指摘された。

猫背は自覚していたが、指摘されて初めて右に重心を置いていることが多いと分かった。
意識してみると料理しているとき、座っている時も偏っていた。
意識できたから気が付けば元に戻せる。
身体版悪抱く。

肩が丸まっているせいで腕の血行が悪く手先が冷え切っているらしい。
これは自覚有。肘下10cmほどから冷たくて温度が違うのが分かる。

多くの人は手のひらを下に向ける動きが多く(マウス操作とかw)、それで血管を圧迫するのだとか。
なるべく手のひらを上に向ける時間を作ってくださいと言われる。

後ろで手を組み背中側にひじ関節の曲がる方を向け、首を伸ばして上を向く
こんなストレッチを勧められた。

前から後ろ手にを組むストレッチはしていたががっしり手を組むと関節の内側同士が向き合う。
これでは方が丸まりやすいのだそうだ。
少しのコツで伸びるところが違う!

行く前に時間があったので時間つぶしに寄ったぶっくおふで4冊買ってしまった…
テンプル騎士団の古文書(上下)テンプル騎士団の古文書 516FnbmnIML__SX348_BO1,204,203,200_
表紙で遊んでいる本、好きだなぁ。画像では表現できない面白さがある。

その続編テンプル騎士団の聖戦(上下)
100均コーナーにあったのでつい。
アンテナはいつも張っておいた方がいいよね~(と言い訳w)

健康
06 /06 2016
車に蜘蛛の巣がついていたので取っていたら…
横にアシナガバチが巣を作っていたよ…大きな羽音が聞こえたと思ったら頭に激痛。

あの羽音は恐怖だ。
髪の毛とターバンのおかげでガッツリではなくかすった程度だったが何分見えないのでとりあえず冷やして病院へ。
針があると厄介なので取って欲しかった。
小さな破片のようなものを取ってもらったらズキズキは無くなった。

これは何を表すのか。頭なので何か思い違いがあると思う。
蜂の一刺しは「自分の命をかけて相手に致命傷となる一撃を与えること」
アシナガなので命はかかっていないけど。

自分の優柔不断なところがまた出たのと目上(母)に対しておざなりな対応をしたのでそこに対する天からの一撃だったのではなかろうか。
激痛が普通の痛みになったので薬は無しで。

ハチといえば・・・

アレキサンダー大王ですが、32歳のとき遠征先で病気にかかって亡くなります。
そして、その遺体が腐敗しないように使われたのがハチミツでした。

それは彼の遺言でもあり、彼はエジプトのミイラがハチミツによって腐敗しなかったという事実を知っていたのです。
そうして大王の遺体は、黄金の棺にハチミツ漬けにされて、アレキサンドリアまで運ばれたといいます。


知らなかった。はちみつって有用だなぁ。

魂戦で敗戦

健康
11 /17 2015
月曜あたりから、ようやく体調が戻り始めた。
 (この体調は「風邪症状」を指す)
PCに向かう気力もなく惰眠をむさぼる週末。

先週あまりにも咳込み、眠りにくいのと家族からの要請があったのとで嫌々病院にかかった。
その時は熱も収まり、見たところ元気そうな患者だったと思う。
しかし咳が続くのと、2年ほど前にも同じ症状でかかっているのとでレントゲンを撮ることになった。
いらん・・・と思ったけど身の潔白を証明するには断れない。   *1

熱はないが体はだるい。それと右肩に痛みがあるため服を脱ぐのものろのろしているように見えたのだろう。
後ろで看護婦が「早く着替えてください」と言う。

肩が痛いのでゆっくりしかできないことを告げると
 「じゃ、一気に脱ぎましょう!」と
いきなり背後からシャツとTシャツを重ねてひっくり返す様に上に脱がされた。
子供を脱がせるように万歳の姿勢。

こちらが準備をする間もなくなので背中に痛みが走るorz
いくら患者がつかえていて急ぐと言っても、これはないのではないか!
しかし無防備な姿で急かされると何も言えない。   *2

結局肺炎でもなく対処療法の薬を出されて終了という分かっていた結果だったがそれだけでは済まなかった。

肩の筋を痛めてしまったようでさらに痛くなり、咳をするたび激痛が走るように。
背中に負担がかからないよう咳くと腹筋が崩壊しそうになる。

そして案の定、薬で抑え込まれていた症状は切れてくると勢力を増してぶり返す。  *3
分かっているから適当に選んで服用したのだけれど。

この度の病院行きは大きな魂戦だったと思う。

そして*1,2,3で敗れてしまった。

ぐれんにあった
  >魂の戦で無いものは無いのだから。
実感。

風邪はひき切るのが大切だと思う、出来る限りは。

メリットは腹筋が少しついた気がすることかな。

でりあ777

この絵はPANDORAで描いて頂いた「私の本質」
魂の故郷シリウスだそうです。