哀悼

人間
02 /21 2018
最近お別れが多い。20日に近所のお爺さんの通夜に行ってきました。

母とも交流がありお爺さんから頂いた絵はお気に入りで、棺に入れたほどです。
手先が器用で発想が豊かで職人でした。

お爺さんの隣の人が引っ越しする際、飼っていた犬を連れていけないのでどうするか考えていた時に迷わず引き取りました。
以前からその犬のお世話をしていましたし。

お爺さん、2月から体調が悪く一週間ほど入院されていたそう。
私は実家のことで忙しく知りませんでした。
それが退院して調子が良くなり久しぶりに行った犬の散歩中に倒れてなくなったと聞きました。

通夜に行ったらお爺さんの他にもう一つ小さな棺が安置されていました。

散歩中、犬も一緒に亡くなっていたそうです。
引き取ってもらって格段に待遇がよくなり落ち着いた生活になったと思います。
その恩返しで一緒にお供したのではないかな。

二つの命の安らかならんことを祈ります。
スポンサーサイト

ふと・・・

人間
02 /15 2018
先の記事にも書いたように6日火曜日にふと思い立って帰省しました。

2,3日前の天気予報では寒気が厳しく雪の恐れがあったため2月は行けないと思っていました。
それが火曜日、あまりにもいい天気だったので図書館の整理が終わってから行こうと思いつきました。
火、水、木曜の予定。金曜朝に夫が海外出張から帰るためそれが限界でした。

6日は母がシチューを作っていたのでそれを食べ、おやつに買っていった好物の草餅を食べ、7日水曜の夜まで普通に過ごしました。晩御飯に食べたいと言った海老天、イモ天、ポテトサラダを私よりたくさん食べ、一緒にTVを見て笑い、自力で歩いていました。父の戦死した兄やもうすぐ生まれるひ孫の話、近所の人のことなど(過剰に盛っていますが)会話しました。

日中は老人ホームに入るための身辺整理をするのですがモノがあまりにも多いためやってもきりがありません。
しかし(今回はこれで最後かも…)とふと感じることがありました。
ならばもっと優しい言葉でもかければと後悔してますが仕分けするためテキパキ淡々とこなしていました。

前日も寝に行く時間が遅いと口論(までもいかないが)になり、自分のペースでいきたいと夜中の2時に主張するので7日は私も疲れたので10時過ぎに先に寝に2階へ上がり布団で実家に置いてあった本を読んでいました。
うつらうつらしかけた時にゴンと音がし、そのあと無音になったため階下へ様子を見に行ったら倒れていたので通報。
ベッドに入るまで見届ければよかった・・・ と後悔しましたが常に後ろからついて歩くわけにいきません。
元々一人暮らしですし。

いつも一人でいると寂しい、嫌だと言っていたので次の日からまた一人になるのが耐えられなくなって逝ったのではないかと思います。
一人なので死んでいても分からないのが怖い、が口癖でしたが実際は病院のベッドで意識はありませんが子供たちに手を握ってもらってお別れできたので母は願いが叶いこれで良かったのだなと。

微かな(ふと感じた)事をおろそかにせず聞いてよかったと思います。

事情聴取

人間
02 /13 2018
母が亡くなったのは自宅で転倒し意識が無くなったから。
病院で亡くなっても外傷性が原因なら検視が行われます。
特に転倒時に目撃されていないので事件性の有無を確認するだけなので解剖とかはしません。

普段は一人暮らしですが丁度私が帰省していて救急通報したのも私。
検視の後一人、事情聴取を受けました。
警察官二人に色々質問され答えるのだが自分でも驚くくらい落ち着いて説明。

その場にいたのは私だけだし、こんなに落ち着いて理路整然としゃべっていたら
第一発見者=容疑者になるかも!
何度 「刑事さん、私じゃありません、殺ってません!」 と言ったらどうなるんだろうと言いたい誘惑にかられましたw

普段からミステリーの見すぎ、読み過ぎですな。

供述書は私が書くのでなく話を聞いた警察官が書いて私が確認。
書いた人が間違いがあったら言ってくださいと読み上げるのですが型が決まっているのか語尾が面白過ぎて下を向いて笑いをこらえるのに必死でした。

供述調書に問題はありませんが、現場検証で自宅の写真を撮られたときは恥ずかしくて止めて欲しいと頼んだけれど聞いてくれなかった…
私が朝起きたまんまの端っこが捲れた布団を撮ってどうする!(病院から呼び出されて慌てていたため)

人生何が起こるか分からないからきちんとしようと決意を固めましたよ。

初めての事情聴取、犯罪性のない遺族だから警察がものすごく気を遣って丁寧だったのが予想外。
病院、警察、葬儀社といろんな人に助けてもらい母を送ることができました(警察は要らないかな)

会う人皆にも言われましたが私がふと思いついて帰省したのは送る為だったと思います。

母、逝く

人間
02 /08 2018
6日がいい天気になったので急遽実家に帰省することにしました。
時間ができたのと(行こう)と思い立ったから。

いつも通り身辺整理と掃除をして7日の夜寝れば自宅に帰る予定でした。
なので掃除用の服しか持たず(車なので)コートも持たず出かけたのですが7日の夜23時ごろ母が転倒しそのまま逝きました。
悲しさよりホッとしたというのが本音です。

独居なので人知れず死んでいくのが怖い、とよく言っていましたが私がいて最期は子供たちに手を握ってもらいながらだったので願いが叶ったなと思います。

思いもよらない展開でしたがその間「天使の回答」が自宅のPCに来ていました。

「行動しなさい」

母を送り、それからのことを示唆してもらったようでした。

とりあえず準備を取りに帰ってきましたが明日からまた帰省。
考えがまとまりませんが今は動こうと思います。

天の声

人間
01 /17 2018
前の記事で
結論
次回連絡があるまでほっておく

と書きましたが日曜に連絡が来ました。先ほど明日、とりあえず行くと伝えました。
要請があったので顔だけは出しておきます。

明日来るなら
家が空っぽになるくらい片づけて欲しい

とまた不可能なことを依頼してきました。
老人にありがちな色んなものをため込んだ一軒家です。(頃す気か・・・)

12月も片づけた時、自分でこれもいる、あれもいると捨てなかったよね・・・
一年いても無理なことを一日ではできるわけがないと何度言っても理解してもらえません。

家を売却するとき一斉に片付けてもらう、これが何度言っても分からず、堂々巡り。
要らないものをガレージに出してと言いますがガレージより家の方が大きいんですよ。
ガレージからどう処分するか、まったく考えていません。

最近頭がおかしいと思うと電話で繰り返すばかり。
いや、他人の話を聞いてくれ・・・


これ、私もやらかしてると反省。
思考せず人の忠告も聞かずただ生きている。
自分の声が自分に突き刺さります。

考えないし、レベルが低いので動くことでしか学べません。
安穏な生活なのでこういうきっかけがたまには必要なんですわ。

でりあ777

この絵はPANDORAで描いて頂いた「私の本質」
魂の故郷シリウスだそうです。