カタカムナ講座

学び
09 /14 2016
五月から不定期でカタカムナ講座のDVDを一緒に見る会に参加している。全6回で先日4回が終了。

カタカムナでは言葉の音に意味がありそれを思念といいこれですべてが読み解けるらしい。
印象に残ったことは


前々回は
*女性は結婚で姓が変わるがこれは自分の振動数が変わったから名前が変わった
 自分がそういう振動数の人を引き寄せた結果である。

*トキとは過去から流れてくるものではない。逆に未来から今を通って過去へと流れていく。
 今の時点で次の未来は決まる。

前回では
*アセンションを読み解くと
 「感受性が新しくなること」 で同じことを見ても全く見方が変わることとなる。

子供の頃読んだ漫画、高階良子作 「はるかなるレムリアより」で地上の人間が死の霧に苦しんだときラ・ムーが
「目を閉じて前にできた道を進め」と全人類に呼び掛けた。
素直に従った人たちは(たぶん)別次元の美しい国に移動して幸せに暮らした・・・

私の中のアセンションは初めはそんなイメージだった(;^_^A
今は違うと分かってるけどこうだといいなぁと憧れはあるw

*古事記を読み解いていったが今迄疑問だったことが幾つも納得できた。
古事記から読み解いて
・葦原中国は高天原の一部で地上のこと。
 タカは太陽を、マガは地球をハラは大気圏を表す。

・ヨミ(陽イオン)とホトケ(電子)はバン・アレン帯のことである
ヨミ=陽の実体=時間、エネルギーの国
イム=電離層の電子=肉体〈原子)はここに戻る

・天の石屋戸開きとは心の奥に隠れている本当の自分を開き表す方法を示す物語である。
 楽しいという思い、自分の興味のあることを追求することによって自分の内なる神が出てくる

Q10やORIONでやっていることはまさにMy石屋戸開きなのだ!
スポンサーサイト

でりあ777

この絵はPANDORAで描いて頂いた「私の本質」
魂の故郷シリウスだそうです。