姫路城

お出かけ
05 /18 2018
あやにゃんさんのブログにコメントしたお蔭で念願の姫路城に行けました。
今回色んな意味でハードルや思い込みを超えられました。
単なるお出かけでなくまさに難攻不落の城を攻略しに行ってきたようです。

まずコメントする辺りから始まっていたんでしょうね。
キーワードは四つ葉。幸せのお守りであります(りかさんによると嬉し嬉しの意識になるらしい)
前日に思い立って無人の実家に帰省したのですが洗面台から四つ葉のピンバッチを発見。
その方向で良しと言われたようです。

ナビゲートにルルさんも一緒。あちらで段取りを組んでくれたと思われます。ピッタリのタイミングでしたから。
それならうちの子たちも一緒に行こうと2頭を誘って出かけました1号 2号

がなにせエアーだし気まぐれなので来ているかどうか分かりません。
それで行きの電車で(一緒にいるならサインとしてモフモフして)と決めました。
さてどうでしょうかね~
四つ葉に導かれるように攻略、進撃!

姫路は2度目です。
初回はナントも味気ない訪問。学生の時、試験当日に首が動かなくなり母に病院に行きたいと言ったら
 「姫路の整骨院へ行ってこい」
いい先生がいるらしいのですが自宅は奈良。近くの病院と思っていましたが行き先を教えられそのまま首が固まったまま姫路まで行きました行かされました。
命令に逆らうことはできなかった自分・・・
その時バスに乗りながら城をきれいだなと思ってみていました。
それ以来姫路城には興味があり行きたいと思っていても、姫路にはいい印象はなく行きませんでした。

それを払しょくするための今回の登城。
嫌と言えなかった、母に反論できず従うしかできなかった自分を救いに行くのであります。
その為の戦闘服として着物を着ました。登城するならそれらしく。

これも大きなハードルでした。今まで電車に乗って遠出をしたことがありません。
着崩れるから、目立つから、草履が痛くなったらどうしよう、満員電車でしんどくなりそう・・・・・
たくさんの言い訳を使って避けてきました。以前出かけた時も満員電車は避けてあまり歩かない所のみ。
着物は好きなのにこれでは楽しさ半減です。もっと自由に着たい、そう感じていたので思い切って着ていきました。

結果、何とかなるものです。草履で登城、石段や天守の狭い階段も平気で一日20947歩、痛くなることもなく歩き通せました。

そしてあやにゃんさんが楽しそうにルルさんと会話しているのを見てその自由さ、突き抜けっぷりに目から鱗でした。
(勿論良い意味でねw)
私には子供の頃から犬がいたのでどの子を連れていくかとか変に考えていました。取り合えずルルさんの写真を見てルルさんと面識のある2頭を考えていましたがもう一頭いました。
私のHNのでりあは飼っていたシェパードの名前です。あやにゃんさんがでりあと呼ぶたびに一緒だったんだなぁと分かりました。
どの子を呼ぶかなんて変に考えなくてもよかったんです。
でも特にこの三頭は私が自分の意思で選んで飼った犬なのでこれで良かったと思います。
どの子もかわいいですが他の犬は私の意志に関係なく親が選んだ子たちです。

犬に関しては初めにサインを決めたと書きましたが結果、城に入ってすぐきていました。でもその時は分からず、ずいぶん後になって(天守を後にした辺りで)サインだったと分かりました。
二人とも和装だったので城の入り口で外国人に一緒に写真を撮ってと頼まれました。
その際肩をモフモフっと触られましたがまさか自分がモフられる方と思っていなかったのでサインと思いませんでした。
サインを受け取るにはアンテナを張り、感度を高めていないと捕まえ損ねます。
今回はちょっとタイムラグがありましたが彼らも一緒だと分かりました。

分かる少し前、備前丸という広場でポーチを鞄から取り出したときに今更ポーチに四つ葉のクローバーのチャームを付けているのを発見。ボーダーさんのチャームも一緒についています。
(一緒にいるよ)という彼らからのメッセージだったんでしょう。
頭でつまらないことにこだわって楽しむ姿勢がおろそかになっていました。
軽く、ゆるゆるで良い、でも最低限の思考はすることと、彼らに教えてもらえました。

ゆっくり、まったり歩きながら攻略完了。生還して城を後にしました。
姫路を良い思い出の場所として上書きできました。

実際の城は完ぺきな守りで私なんかは入った途端瞬殺されていたでしょう。
攻め込むのではなく、お勤めで城に通ったという方がいいなw
城を見てワクワクするのは以前武士として城に勤めていたのかもしれません。女性だと城よりお仕えする人に関心がありそうだから。

戦国時代の終わりから徳川の時代にかけてまだ戦の可能性があった時に築かれたため、幾重にも守りが施されています。当時はそれでも不安だったのか、天守の最上階には神社があり見えない守りも固めています。
機能と美しさが両立した素晴らしい城でした。平成の修復の映像が流れていましたが職人さんたちに拍手であります!

スポンサーサイト

行きたかったところ

お出かけ
01 /26 2017
今日は母の要らなくなった服の整理を頼まれていたので実家に行く予定だった。
それが朝から母の都合が悪くなり丸一日空いた!

そこでドライブして行きたかったカフェをご褒美に、夫に頼まれていた法務局への相談に行くことにした。
義父の相続の関係書類の確認に行くのだけれど、いろいろ揃えないといけない書類(住民票、戸籍など)や決まった書式があって面倒くさい。実家と離れているので提出した書類がおかしいと返ってきてやり直しなので近くの法務局の窓口で相談しながら作成している。司法書士に頼めば簡単だが大変お高い(@_@)

相談には予約をとっていくのだが今回は中途半端な時間しかなかった。そこで
①昼前に漁港の中にあるパティシェがいるカフェ
②法務局
③終わってから猫カフェ   の順で移動。
随分離れているが法務局を挟んでいて流れは良いはず。

しかし初っ端①に行く道を間違えて遠回りする羽目に。おかげで海沿いの眺めを楽しめたので結果オーライ。
だったが情報が載っている地図があまりにも簡単すぎて(ナビはついていない車)漁港は見えるのにそこに降りていく道が見当たらず断念
そこで近くのもう一軒行きたかった鉄道模型が走るカフェに行く。ランチは要らなかったのでコーヒーだけ。
ゆっくりした時間が持てたがもうここへは来なくてもいいやと分かった。写真で見る店内と実際鉄道グッズがおいてある店内の雰囲気が違う。鉄道ファンならワクワクだろうがそうでもないので落ち着かないw

まだ時間があったので途中に在ったインテリアショップでソファを探す。
思うようなソファはなかったがなくなりかけていた床掃除用クリーナーの代わりのよさそうなのが半額になっているので買えた。
これもラッキーだった。本当は土曜日からセールだったけど今から半額にしますと(^-^)/

一応のメインである法務局で書類にOKをもらい猫カフェへ。
この店に来たかったのは保護猫活動をされていて子猫がいるから。
子猫は人に慣れることができ客は可愛さに時間を忘れる。
大人看板猫もいるがほとんどが元保護猫。

子供の頃から犬ばかりで猫と触れ合った経験はほとんどない。
新しい世界を確かめたい学者魂が私を突き動かすのだ、きっと。

結果3匹の子猫に囲まれ、頭に載られあっという間の30分。
判ったのは猫の体は思った以上に柔らかいこと。あの曲がり方を犬にすると折れるわ。

予定が狂ってもチェと感情を動かさず切り替えてやりたいこと、やらなければならないことの優先を付けて行動するといい流れで過ごせた。いい天気だったし。

今日のキーワードは猫と海。
行く先々で猫に会い、海を見ながらうみさんにメールw
依頼していた指輪の鑑定結果が実に面白い。

行き先…

お出かけ
06 /26 2016
関東から昨日帰ってきた。
1日目は鎌倉、2日目は東京とだけ決めていた。

鎌倉はちょっと前世に関係するのでQ10にとっておくw

鎌倉から帰って東京出張の夫と合流し晩御飯を食べたが鎌倉で腹を下し、私は味噌汁のみ( ノД`)
夫は自分の宿泊先に行き私は子供の部屋に行った(広い!)

東京は子供に行き先を任せていたが、食事の帰り、駅のホームで見た
「古代ギリシア展」を見て私のテンションが上がったのが分かったのか
(自由が丘に行ってオリジンーヌカカオに食べに行こうと思っていたらしい)
そこに行こうと決定。

そこで思いがけなくアレクサンドロス大王の映像を発見。
一度見たかったミノスの牡牛のリュトンを見られて大満足。

子供も上野は初めてだったらしい。自分では絶対来ないところでいい体験だ。

おなかの調子も戻り元気に帰宅、夜の10時前に犬を受け取りに行って今回の旅は終了。

心配していた犬も預け先のリビングに入り込み、そこの旦那さんの横でTVを見ていたらしい。

・・・うちより寛いでたのかも!

3人でお出かけ

お出かけ
06 /14 2016
ゆのはさん、あやにゃんさんとのお出かけはトントン拍子の一日だったと書いた。
それは楽しいだけではなく私たち(特に二人)にとって必要な学びもあった。だからこそトントン拍子なのだと思う。

あやにゃんさんの口癖?「ありがたい、ありがたや~」が良い合いの手のように感じられたし、のびのびしたゆったり感や高い意識と突き抜けた感を目の前にしていい刺激となった。

「花」がモチーフだったと思う。3人とも服や鞄に花柄を選び(私にすれば珍しい!)、行く先々で美しい花が咲いていて、花屋併設のカフェでお茶をいただく。この世の美しさの結晶。
全ての人それぞれが思った花を咲かせているように思った。

ORION53に
>乗り物の空間は乗客運転手の意識レベルに作用される   yes
とあったがあの日の車の中は素晴らしいものだったと感じた。

狭い車だけれどまたご一緒してください!

話した、飲んだ、笑った!

お出かけ
06 /08 2016
今日は遠いところからうちの近くまであやにゃんさんが来てくれた。

ゆのはさんと三人でわが愛車シルちゃんで山寺に向けてお出かけ。

もう盛りだくさん過ぎて後でゆっくり書こうと思う(ひたすら眠い…)
とにかくすべてがぴったりはまった一日だった。


彼女たちに関係ないが朝迎えに行くとき私の後ろにいた車がなんと、帰りも途中から後ろについて走っているのに気が付いた。しかもうちの近所で信号一つ分早く左折したところにお住まいらしい。

間違いではないと思う。その車の助手席の前に置いてあったティッシュペーパーカバーが可愛くて覚えていたから。

ナンバーの読み方から「よろしい」と言われてる感じ。

あやにゃんさん、(名古屋並みに)遠いところを来てくれてありがとう!
ゆのはさん、足、大丈夫ですか~(と言いながら私こそもうガクガクですw)
今日一日で16690歩歩いた(犬の散歩抜いたら1万歩くらい)遠足。

子供の遠足より大人の遠足のほうが楽しいなぁ!

今日の名言の一つ
 「コーヒー豆は農作物です。ごはんと同じように考えてみて」
色んなおっちゃんに会えて面白かったw

でりあ777

この絵はPANDORAで描いて頂いた「私の本質」
魂の故郷シリウスだそうです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。