ここから・・・Down in my heart

Entries

ミスリード

昨日の記事を再読して気持ちがざわっとしました。

(コイツ、危なくね?)

記事の書き方が悪いのですが 私、問題ありませんみたいな臭いがプンプン。
書くことで整理しているつもりが思考が足りなくて別の方向に行ってしまいました。
問題がないわけありません。毎日何かしらやってしまっています(。-_-。)

それでは何がザワついたか?
自分は今迄きれいなものをそのまま罪悪感なしで受け止めることができませんでした。
それをそのまま受け止められるようになりました。

この罪悪感というのは他の人はがんばっているのに(自分だけこんな楽しいこと、素晴らしいことを体験してごめんなさい)

楽しむ前に自分の意識に上る前に気持ちに蓋をしてしまっていました。
それを上の気持ち無しで素直に楽しめる気持ちになったということでした。

なんと厄介だったことか!

書くことで満足していてはいけませんね。
自分のおかしいという気持ちに耳を傾けないと自分の下手な思考で導かれた変な方向に行ってしまうところでした。
少しずつでも素直になれてよかった。
スポンサーサイト
  • [No Tag]

新地球か?

海の駐車場開放が残りわずかなので可能な限り利用しています。

砂浜をぶらぶら歩いて端まで行ったら帰りは公園内を戻ります。
その際文字通り犬が「道草」を食いながら戻るので時間がかかります。

季節によって食べる草が違ったり、犬によって好みがあったり。時間に余裕があるときは好きなようにさせます。
(薬がかかっていそうなところは避けます)

最近の好みはクローバー。
前回待っているときに(新地球にいるなら探さなくても四つ葉が見つかる)と宣言して下を向いたら足元にありました。

いや、これは偶然かもと今日も違う場所で犬が草を食べ始めたので同じように宣言したら、しゃがんだ途端に五つ葉のクローバーを見つけました。さらに目を移すと四つ葉が。

四つ葉の意味

四つ葉のクローバーの四枚の葉には
faith = 誠実hope=希望love=愛luck=幸運

この四つの言葉の意味が込められています。

4枚そろってGenuine=真実・本物の力ができあがります



五つ葉の意味

5枚の葉がそれぞれ 愛・希望・健康・知恵・財運を意味する 経済的繁栄 財運

五つ葉となると、経済的繁栄や財運があるのだそうです


今迄五つ葉のクローバーは見たことがありませんでした。
五つ葉のクローバー犬が教えてくれたのかもしれません。

気持ちよく散歩しているのでいい感じになっているのかもしれません。

天気の良い日に砂浜でヨガをして(犬も参加してくるけれどw)、海を見ながら日向ぼっこ。犬をマッサージしとろけそうな顔を見ていると幸せだなぁと心から思います。

目標が停滞なので
>世界の美しさを堪能して元気を取り戻したいと願っているとのことである
まさに目標達成しています。

こんな簡単なことがどうして今までできなかったんだろう。
自分に許さなかったんだろう。

自分に理解が深まると気持ちが見えやすくなったようです。
  • [No Tag]

少し前に母からもうすぐ老人介護施設に入居すると連絡がありました。
そのために整理して準備したいので手伝いに来てほしいと要請を受けました。

それはいいのですが電話の際に(2-3日に1回かかってくる)
寂しくておかしくなりそう
だからホームに入る
その方がお前たちも安心だろう?
ということを延々と言います。

そして兄1の事。
借家なのでこちらに来ればいい
働いていないのだから実家なら無料で助かるのに
嫁は実家に帰りたがっているので別れればいい
何故働かないのか
嫁だけ働かせて兄の使えるお金がないのはかわいそうだ

↑は母の考えであって兄夫婦のものではありません(どう考えているかはわかりません)
義姉には母がそこにいるなら引っ越さないと言われたはず。

以前母にどうしたいのか聞いたことがあります。
「誰かと一緒に暮らしたい
にぎやかに暮らしたい」

ホームなら希望は叶います。
しかしその時の母としては誰か=子供だと思います。

私に「うちに来て一緒に暮らそう」と言って欲しいのでは?と感じますがその選択はありません。

朝の散歩の会話でそんな話になりなぜ自分はそこまで拒否るのかなぁと。
もちろん面倒くさいからですがこの言葉はすごく便利で結局答えになっていないと思います。

好きか嫌いで言えば
普通、ですがどちらかと言われると好きという感じ。嫌いではないくらい。

一緒にいて話が分かってもらえないことが多い。
未だにダメ出しばかりされて私のやることに理解を示さないこと。
自分のやり方を押し付け、そうしないとダメになると未来への脅しをかける。
私の好きなものをこき下ろす(お前は普通ではない、変わっていると決めつける)
自分は他の人と違って人に文句も愚痴も悪口も言わない(除、私)と言い切る。
母が友人に私の話をするとき勝手に脚色する(母の理想を加える)
自分の憶測で断言する(勘がいいからわかるらしい)


一言でいえば母は私を認めていないと思います。
それ以前に自分を認めていないから素晴らしい子供を(現実とは違うw)育てた自分は素晴らしいと、回りくどい表現をしているのではないかと思います。

現実の私があまりにもの体たらくなので指導して理想に近づけようとしているのだろうと思います。
無理ですよ。現実を見てくださいw

と考えていましたが私もそれをしているなと気が付きました。
昔の支配したがる母そのままで見ているからいつまでも変わらない。
何時までも同じフィルターを付けたままにしていたから当然です。

今はキチンと言い返せるのに面倒くさいから(引っかかりを作りたくない)自分の意識もそのままにしていました。

実家に行ってダメだしされると小さい私が固まるのが分かります。
今迄はそれすら自覚がありませんでしたから少し進歩。
小さい私が固まったらそれを察して反論できる様になりました。

私自身を見てというのは母からも同じメッセージだったんだなぁ。

子育てのやり方に疑問はあるけれど母もその時はそれが精一杯だった
頭でわかっていても素直に受け入れられていなかったと分かりました。

近い存在ほど感情に囚われてしまうわ~
  • [No Tag]

堺は国境の境から。一つの町が二国にまたがっていたそうです。
明治までは摂津、和泉、明治になって河内が加わりました。

先々週は堺の東、古墳時代を回りましたが(個人で)今回は海側、戦国時代から江戸時代にかけて茶の湯と共に、それと明治の与謝野晶子がメインでした。
戦国時代は鉄砲もありますがそれはもう少し北の職人たちの町。
戦国時代に焼けたので区画整理がきっちりなされています。
豪商たちの屋敷は見たかったですが、これはこれで生活しやすくなっているので復興、発展したのだと思います。

いくつかの名所を抑えて回るのですがその中でいろいろな意味で面白かった「南宗寺」

堺では家康がここに埋葬されていると伝えられています(夏の陣で駕籠に載って逃げるの際、後藤又兵衛に槍でやられた)

墓とされる供養塔、水戸の子孫による石碑もあり想像するのは面白いです。

本尊の釈迦三尊像の右下の紙には  

チベットが仏教徒の国に戻ることを
 奉 祈
  中国人に佛心が生まれることを

と書いてありました。
堺は河口慧海の出身地の関係からかチベットを応援しているのでしょう。

河口慧海
仏教学者・チベット探検家。チベット仏教研究の泰斗。大阪堺生。幼名は定次郎。黄檗宗、五百羅漢寺海野希禅のもとで得度、慧海と号す。従来の漢訳仏典の正確さに疑問を抱き、チベット語原典の研究を志して、インドからチベットへ密入国、日本人で初めて首都ラサに至り、チベット一切経などの多数の貴重な資料を将来。のち黄檗宗の僧籍を返上、還俗して在家仏教を提唱、大正大教授、東洋文庫研究員をつとめた。


寺の住職の何か伝えたい気持ちはよくわかります。堺は中国人観光客も多いのに、多いからかな。
寺でこんな主張を見たのは初めて。
随分前から貼ってあるようですが未だ変わらず。
仏心より人の心持ってほしいものです。

自由都市だった頃の堺の名残を感じました。
  • [No Tag]

想像力

歩くのが苦手な友人に誘われて「堺ウォーク」に参加しました。
天気は曇りでしたが、そんなに寒くないと思って薄い目のダウン、パンツにしたが大きな誤算。

ウォーキングなので暖かくなると踏んだのですが寒さはそれ以上。
予想して準備するのも思考力が必要だなぁ。
そして、どんな状況になるか想像することも。

思い込みで計画を立てれば外れた時にそこから動けない。
柔軟に対応できるよう想像力をもって計画しよう、と寒さに震えて誓いました。

それでもそんな中回った堺はおいしく、面白かった!
  • [No Tag]

Menu

Entry

  • └全タイトルを表示

Trackback

Profile

でりあ777
[author]
でりあ777
[profile]
この絵はPANDORAで描いて頂いた「私の本質」
魂の故郷シリウスだそうです。